武蔵野線総合資料館
武蔵野線にまつわる資料館です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝霞駅~西浦和駅間(荒川)
膨大なデーターがあるため、携帯で観覧される方は予めご了承ください(^^;

○撮影方法その1

・撮影時期
【夏】午前・曇り

・撮影ジャンル
風景写真

・お勧め度
☆★★★★

・場所
沿線(北朝霞駅・西浦和駅ともに所要時間不明)

・レンズ-ズーム
広角推奨

・撮影可能電車
上り(府中行電車)

・順光状態
正午(?)~日没。

・逆光状態
日の出~11時頃(?) ※写真が真っ暗になりやすい

・被り率
よくわからない。

・時刻表
北朝霞駅西浦和駅

・地図
こちら

北朝霞駅からも西浦和駅からもかなりの距離にある場所。歩いていくには分かりやすいようで分かりにくいです(^^;
西浦和駅からさいたま方面へ歩くと田島交差点にぶつかる。ここで北朝霞方面へ道なりに歩くと「秋ヶ瀬橋」へと出る。秋ヶ瀬橋は荒川上流側にのみ歩道があるため、「さくらそう水門」前の信号を渡り反対側へ。荒川を渡りきったところでここにある信号を渡り武蔵野線の線路へと向かうと撮影地に着く。
川岸で無理をして撮影をすると苔に滑って転倒する可能性があるためご注意を。
▲撮影地欠点
・とにかく遠い。
・秋ヶ瀬橋/荒川サイクリング道路内では自転車などの通行量が激しいため、気をつけてください。




○撮影方法その2

・撮影時期
【夏】朝

・撮影ジャンル
風景写真

・お勧め度
☆☆☆★★

・場所
沿線(西浦和駅から30分以上)

・レンズ-ズーム
望遠が必要

・撮影可能電車
上り/下り

・順光状態
日の出~10時頃(?)

・逆光状態
正午(?)~日没。※太陽が目の前で沈む感じなので、写真が真っ暗になりやすい。(確か)

・被り率
普通電車はラッシュ時に被りやすい。

・時刻表
北朝霞駅西浦和駅

・地図
こちら

主に彩湖をバックに武蔵野線を真横から撮影出来るポイント。
撮影地へ行くには、西浦和駅から北朝霞方向へ行くと歩道橋がある。どの道路でも良いので、ひたすら北朝霞方向へ目指し、土手へと進む。そこからは土手沿いに1kほど歩き、大きな公園(道満グリーンパーク)へ着く。着いたら彩湖を目指すと撮影地に着く。
また、車でお越しの方は付近の道満グリーンパークの駐車場(有料)があるためオススメ。
▲撮影地欠点
・とにかく駅から遠い。歩いていかれる方は覚悟しておいた方が良いかも(^^;
・サイクリングやジョギング等をする方が頻繁に通過するので、邪魔にならないようにしたほうがいいと思う。特にこの辺は自転車が高速で通過するため確認をして渡った方がいいと思う。
・湖畔に近づき、苔を踏むと転倒しやすいため要注意!




○撮影方法その3





・撮影時期
全部:【秋】午前9時頃

・撮影ジャンル
風景写真気味な編成写真

・お勧め度
☆☆☆☆★

・場所
沿線(西浦和から15分くらい)

・レンズ-ズーム
自由

・撮影可能電車
上り/下り

・順光状態
日の出~9時頃。(冬は光線具合要注意)

・逆光状態
正午(?)~日没。

・被り率
普通電車はラッシュ時に頻繁に被りやすい。

・時刻表
北朝霞駅西浦和駅

・地図
1枚目~3枚目はこちら
4枚目はこちら

主に下り線が撮影できるポイントで、横もしっかり撮影できる。
撮影地へ行くには、西浦和駅から北朝霞方向へ行くと歩道橋がある。どの道路でも良いので、ひたすら北朝霞方向へ目指し、土手へと進む。そこからは土手沿いに歩けば撮影ポイントに着く。
また、車でお越しの方は付近にさくら草公園の駐車場があるためオススメ。
▲撮影地欠点
サイクリングやジョギング等をする方が頻繁なので、邪魔にならないようにしたほうがいいと思う。




○撮影方法その4









・撮影時期
1枚目(下り列車)=【秋】午後4時頃
2枚目(下り列車)=【秋】午後4時頃
3枚目(下り列車)=【秋】午前7時頃
4枚目(下り列車)=【秋】夕方5時頃
5枚目(下り列車)・6枚目(上り列車)=【秋】午前8時頃

・撮影ジャンル
広角気味な編成写真/(下4枚)編成写真

・お勧め度
☆☆☆☆☆

・場所
沿線(西浦和から10分くらい)

・レンズ-ズーム
自由

・撮影可能電車
上り/下り

・順光状態
上り:12時~日没
下り:日の出~9時頃

・逆光状態
上り:日の出~9時頃
下り:12時頃~日没

・被り率
頻繁に被る。(3)の構図にすれば綺麗な並び撮影も可能。

・時刻表
北朝霞駅西浦和駅

・地図
上2つの場所下4つの撮影できる場所

貨物線から上り本線へ抜けてくるところや荒川のトラストをバックに下りも撮影ができる。下り線側(さいたま市側)の土手からは夕方がオススメ。なお、上り本線の撮影はかなりの超望遠となるため、コレに関しては撮影事情としては書く事ができない。
撮影地へ行くには、西浦和駅から北朝霞方向へ行くと歩道橋がある。どの道路でも良いので、ひたすら北朝霞方向へ目指し、土手へと進む。高架線下を通り下り線側の土手を登ると土手には着く。3枚目~6枚目に関しては線路に近づいた際の保線用扉付近から撮影が出来る。
また、車でお越しの方は付近にさくら草公園の駐車場があるためオススメ。
▲撮影地欠点
被る事が多いため、時刻表で予め調べておいた方がいいかもしれない。

■荒川・彩湖について
武蔵野陸橋付近から下流へ5kほど。荒川貯水池の通称"彩湖"がある。
ここでは埼玉県・東京都の水道用水用を確保しており、首都圏の重要な水がめとなっていることで有名。武蔵野線鉄橋の高架下は絶好の動物の住処で、レットデーターブックに指定されているホンドカヤネズミ・キツネ・タヌキなどの野生の動物が生息。また野生のサクラソウの自生地…と、都内では珍しい生物が沢山生息している。
もっての他だが、ゴミは常識として必ずポイ捨てすることなく持ち帰るように心がけてもらいたいところ。また、彩湖でワカサギが釣れることでも有名だが、現在は水質汚染防止・水鳥保護のため釣りは禁止となっている。
鉄道写真だけでなく、珍しい生き物がやってきた際には撮影してみてはいかがでしょう?また、草深いところへ行かれる方はヘビに気をつけてください。遭遇率は高いです。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。